消化器内科を受診する患者の実に半数が過敏性腸症候群といわれています。
過敏性腸症候群ってどんな病気なのか詳しく調べてみました。
自覚症状が重い場合は乳酸菌革命などのサプリを試す前に専門医の診察を受けて治療しながら正しい知識を学習して改善に取り組むことが必要です。
体調が落ち着いてから病院と相談しながら乳酸菌革命などのサプリメントを取り入れることを考えましょう。

過敏性腸症候群の定義

過敏性腸症候群は大腸(結腸)に影響を与える一般的な疾患です。
過敏性腸症候群は、一般的に痙攣、腹痛、鼓腸、ガス(おなら)、下痢及び便秘を引き起こします。
過敏性腸症候群は、多くの人の場合は長期的に続く慢性疾患です。

潰瘍性大腸炎および炎症性腸疾患の形態であるクローン病とは異なり徴候や症状は、過敏性腸症候群の場合は身体的な不快感があっても、腸組織の悪い変化を引き起こしたり、結腸直腸癌のリスクは多くありません。

過敏性腸症候群を持つ人は、食事や生活環境やストレスを管理することにより、その症状を緩和することができる場合がほとんどです。治療には薬物療法やカウンセリングが必要なことが多いようです。

過敏性腸症候群の症状

過敏性腸症候群の症状は人によって大きく異なります。他の疾患のものに似ている場合もありますが自覚症状として

腹部の痛みやけいれん
膨張感
ガス(おなら)による膨満感
下痢や便秘または時々便秘と下痢の発作を交互に繰り返す。
便中の粘液などがあります。

過敏性腸症候群の原因

健康な人の場合は腸の蠕動(蠕動)運動で直腸の腸管を通じて、胃から食べ物を移動するときにリズムよく運ばれ腸の収縮はリラックスしています。
しかし過敏性腸症候群を患っている場合、収縮は健常者より強くなり腸の内容物がうまく移動されず、通常よりも腸の内容物が長く腸に止まり、その結果、腸内細菌の腐敗発酵でガス(おなら)が発生し、膨満感や下痢を引き起こします。
また、反対に健常者より腸の収縮が弱い場合、食物通路を遅くし、硬い便につながると便秘になります。

過敏性腸症候群の原因は消化器器官や神経系の異常で、強いストレスを長期に渡って感じている場合や運動不足により腸の機能が弱っていることが多いようです。
強いストレスを長期に渡って感じている場合、脳と腸の間の神経やホルモンバランスの不調による腸の過剰反応が体の変調として過敏性腸症候群となって現れます。

また、一般的な過敏性腸症候群の外的因子のきっかけは、次のとおりです。

食品によるもの

過敏性腸症候群における食物アレルギーや食品による因果関係はまだ解明されていないこともあるようですが、特定のものを食べたときに症状がでる場合があるようです。
チョコレート、スパイス、脂肪、果物、豆、キャベツ、カリフラワー、ブロッコリー、牛乳、炭酸飲料やアルコールなどの食品が関係している場合があります。

ストレスによるもの

過敏性腸症候群のほとんどの人は、なれない新しい仕事や職場環境によるストレスの増加に悩みを抱えているばあいが多いようです。
女性の場合月経期間中にホルモンバランスをくずしやすく、ストレスを感じやすくなる傾向があります。

他の病気によるもの

腸内の感染性下痢(胃腸炎)、またはあまりにも多くの細菌(細菌異常増殖)の急性発作のような他の病気や別の病気は、過敏性腸症候群のきっかけになる場合もあります。

過敏性腸症候群になりやすい人

過敏性腸症候群になりやすい人はある程度の共通性があります。もしあなたが、以下の条件といくつか重なる場合過敏性腸症候群を持っている可能性が高くなります。

若い。過敏性腸症候群は、45歳未満の人に発生しやすいです。
女性である。全体の過敏性腸症候群の方々は男性に比べ約2倍もの割合を女性がしめています。
過敏性腸症候群の家族歴を持っている。研究では、過敏性腸症候群の家族を持っている人は、リスクの増加があることが示唆されました。
メンタルヘルスの問題を抱えている。不安、うつ病、人格障害や小児の性的虐待のトラウマを持っている場合や女性にとって、家庭内暴力は、同様の危険因子である可能性があります。