腸内フローラの黄金バランスとは

腸内環境が整っていて腸年齢が若い人ほど、体力ややる気や容姿も若く乳酸菌革命などの乳酸菌サプリメントや野菜を毎日摂取しています。最近元気がない。何年か前まではこんなに疲れることはなかったのに。などと感じているあなたは、腸内環境が乱れていることが原因かもしれません。
わたしたちの腸内にはさまざまな細菌が生息していて、それらはなんと数100種で600兆個以上とも言われています。
特に小腸から大腸にかけて、細菌が種類ごとにグループを形成してまとまり腸内に生息しています。
お花畑は英語でフローラといわれています。腸の中を調べると、植物が群生しているお花畑のようにみえることから、腸内フローラと呼ばれるようになったんですね。
最近の研究ではわたしたちの腸管粘膜の面積はバドミントンコートの半分くらいの面積だそうです。
ちょっと昔はテニスコート1面分とも2面分とも言われていましたけどね。
その面積に綺麗なお花がたくさんあるか、毒草がたくさんあるかで見た目が全然変わってきますよね?
この例えのようにわたしたちの腸内では善玉菌、悪玉菌、日和見菌と呼ばれる細菌のグループがせめぎあっているのです。
腸内細菌の種類や数は食事や生活習慣や年齢などにより様々で、腸内フローラも人それぞれ違うんですね。
乳酸菌革命で腸内環境を整えて腸内フローラの黄金バランスを育成していけばあなたのぽっこりおなかの解消や健康美ボディを手にいれることへの近道となります。

「腸内細菌」と「腸内環境」の関係と乳酸菌革命の有効性

腸内細菌は、大きく3つに分類されています。

種類 主な作用 代表的な細菌
善玉菌(有用菌) 腸内の環境を正常化する。腸整作用。コレステロールを抑制する。ビタミンの合成。 ビフィズス菌
乳酸桿菌
悪玉菌(腐敗菌) 腸内消化物の腐敗醗酵。有害物質の生産 ウェルシュ菌
ブドウ球菌
緑膿菌など
日和見菌 善玉とも悪玉ともいえず、体調が崩れたときは悪玉菌として働き、健康な時は無害な菌 大腸菌
バクテロイデス

腸内フローラの理想的な状態は、善玉菌2割:悪玉菌1割:日和見菌7割とされています。
健康な方の腸内では、善玉菌が悪玉菌の増殖を抑えていて腸内環境のバランスが保たれています。
これが腸内フローラの黄金バランス
そして、善玉菌は、有害物質を体外に排出する働きと免疫細胞を活性化するなどの作用があります。
この腸内フローラのバランスは、体調、食生活、年齢、ストレス、抗生物質などの薬の服用などで日々変化します。
善玉菌が多い腸内環境の場合はわたしたちは健康的に過ごせるのに対し、悪玉菌が多い腸内環境の場合は体の不調を感じたり病気になってしまうこともあるんですね。
そこで、乳酸菌革命で腸内に多くの善玉菌を送り込んで、善玉菌を増やしていくことが大切なんです。
日々の食生活で乳酸菌の摂取が減ってしまっている場合は乳酸菌革命は強い味方になってくれます。
乳酸菌革命はラクトバチルスアシドフィルスラクトバチルスプルガリクスラクトバチルスガッセリーラクトバチルスブレビスラクトバチルスカゼイラクトバチルヘルべティカスのラクトバチス属の6種類の乳酸菌とビフィズス菌ラブレ菌カゼリ菌が配合されていて個人差がある腸内フローラのバランスをとりやすくしてくれるよう設計されています。

腸内環境自己チェック

自分の腸内環境を知るためのある程度の目安となるのが自分のウンチを観察してみることです。
注目するのはウンチの色や形や臭いを観察します。
理想的な便は、バナナのような形が1~2本程度肛門からスームズに出て黄色に近い色の便で、肛門を拭かなくても良いくらいの便とされています。腸の機能に病的な異常がなければ乳酸菌革命を続けることで健康的な便がだせるようになるはずです。

便による腸内環境自己チェック

コロコロとして小さい便や太くて短い便は便秘の人に多い典型的なタイプの便です。便の硬さは水分が70%以下になるとこのような状態になります。便意をもよおした時になかなかトイレにいける環境じゃない場合などでつい我慢してしまうと我慢した時間の分、便の水分がからだに吸収されてしまい、さらに硬い便になってもっと便が出にくくなってしまうという悪循環になってしまいます。
便の硬さをやわらげるには、きのこや海草、こんにゃくなどの食物繊維を多くとることとこまめな水分補給が有効です。乳酸菌革命の効果がもっとも実感しやすいタイプかもしれません。

バナナのような形で色が茶褐色または黄~緑がかった茶色の便は腸内環境が健康な状態。便の硬さは水分が70%から80%であればこのような状態になります。このような状態の便であれば乳酸菌革命は必要ないかもしれませんね。普段から食生活や生活習慣に気をつけて過ごしているのですね。

細くて柔らかい便の場合は消化不良や水分の摂り過ぎが主な原因です。便の硬さは水分が80%以上であればこのような状態になります。ストレスによる痙攣性便秘にもこのような便の状態になります。痙攣性便秘は便秘と下痢を繰り返すことが多いのが症状です。ストレスの原因を取り除くことが主な改善になりますが、腸内環境が乱れがちだとストレス耐性が弱くなると言われています。反対に腸内環境が整った状態であればストレスに強くなれるかもしれません。乳酸菌革命で乳酸菌を増やしていければ腸内環境をより良い状態にしていけるかもしれませんね。ただ、乳酸菌革命を摂取しても急激な改善は望めません。1ヶ月から半年ほどで徐々に回復していけるよう、続けることが大切です。

形をとどめいていない便の場合はいわゆる下痢と呼ばれる状態です。便の硬さは水分がほとんどでこのような状態になります。体を冷やしたり、冷たいものを食べ過ぎたり飲みすぎの場合にこのような便になります。また、消化不良の場合や細菌性の一時的な下痢であれば問題ありませんが、1日10回以上の下痢が3日以上続くと腸炎や食中毒の疑いもありますので早めの医療機関の診察をおすすめします。

便の色と臭いによる腸内環境自己チェック

濃い色のついた食べ物を食べるとそのままの色が便についてしまうこともありますが、黄色から茶色系であれば問題ありません。便には胆汁と呼ばれる便を黄色くしている液体が混ざっているため、通常は茶褐色または、黄~緑がかった茶色になります。黄色から茶色は健康な状態といえます。一概に色だけでは判断できませんが、明らかに血液が混ざっていたりコールタール状のドロッとしたタール便が出たときには注意が必要です。このような便が出たら早急に医療機関の診察をおすすめします。

便の臭いは食べ物による影響が大きく関わっています。健康な状態での便はあまり臭いがないんです。でも、肉類中心の偏った食生活をしたり生魚をいっぱい食べたりするなど動物性たんぱく質を多く摂ると、便が臭くなる傾向があるようです。腸を整えるのためにも乳酸菌革命や野菜を多く摂るように心がけたいですね。軟便、下痢便で悪臭や異臭がするときは注意が必要です。胃腸の障害の可能性があります。便が水っぽくて腐ったようなにおいがするときは、食中毒などの細菌性感染症や潰瘍性大腸炎などが考えられるので、すぐに内科か消化器科での診察をおすすめします。

生活習慣による腸内環境自己チェック

腸内環境は普段の生活習慣に大きく影響されます。次の項目をチェックしてみてご自身の状態を確認してみましょう。
1.野菜や発酵食品(ヨーグルト、納豆など)をあまり食べない
2.朝食は食べないことが多い
3.週4回以上外食やコンビニ弁当で済ませることが多い
4.湯船に入らず、シャワーで済ませがち
5.失敗したことをくよくよしやすい
6.手足が冷たく、顔色が悪い
7.平均睡眠時間は6時間以下である
8.週に最低60分以上は運動をしている
9.食事時間が不規則だ
10.肉が好きで普段の食事で多くなりがち
これらの項目のチェック数が少ないほど腸内環境の状態は健康といえるでしょう。
チェック項目が1つもなかった方はすごいですね!乳酸菌革命は不要な方かもしれません。
チェック項目がたくさんあった方も心配しないでください。
一つ一つ生活習慣を改善していけばきっと腸内環境を良い状態にしていけますよ。
それでは、各項目の解説です。バランスのとれた食事や運動や睡眠は健康的な生活を送る上で最も大事な要素です。

1.は食物繊維や乳酸菌を普段から摂取しているかどうかのチェックですね。腸内環境を整えるためには体の中の善玉菌を強い状態にできるかどうかがカギとなります。普段食物繊維や乳酸菌がたりていないと感じた方は乳酸菌革命で日々の乳酸菌を続けて補給することと食物繊維を意識した食事をとることがいいですね。
2.は毎朝ちゃんと朝食を食べると腸の働きをしっかりと動かすきっかけとなります。朝食は糖質を得て腸内フローラの酢酸などの有機酸の生成が活発になって、腸の蠕動(ぜんどう)運動が高まり、便意のリズムを作りやすくなるといわれています。長い間朝食をとらない習慣がついてしまっている方は、朝食をとることで調子が悪くなるということもあるかと思いますが腸内フローラを良くするために少しずつ挑戦してみる価値はあると思いますよ。
3.は外食やコンビニ弁当中心の食事は栄養バランスが偏りがちになります。どうしても、外食に頼らなければならない場合は定食屋さんなどで野菜や発酵食品を意識的にとるようこころがけるとともに、乳酸菌革命などの腸内フローラのためのサプリメントを摂取することがいいかもしれません。
4.は入浴によりお腹を温めることで血行が良くなり、腸管の血流も盛んになって腸の蠕動運動が活発になります。そのため、便秘が緩和されるのです。シャワーだけで済ますとお腹を含めた体の中まで温まることができませんので入浴でしっかり体を温めると腸の動きを助けることになるんですね。
5.はストレスを溜めやすいかどうかの資質になります。腸は第二の脳とよばれているほどメンタル面においてストレスと密接な関係にあります。ストレス耐性が弱いとストレスによる腸への悪影響が高まります。逆にいうと腸を健康な状態に保っていればちょっとしたことでもストレスに感じないストレスに強い状態を維持できるわけですね。もちろん、過度なストレスはストレスの原因を取り除く方が大事です。
6.は体内の血液循環のチェックになります。血行が悪いと腸の蠕動運動があまり働かず、腸の機能が発揮されていないことになります。血行をよくするためには、体を冷やさないようにすることが大切です。冷たい食べ物や飲み物を取り過ぎないようにすることと、運動して筋力をつけて新陳代謝を高めることが有効です。
7.はしっかりと休息がとれているかのチェックです。睡眠中には成長ホルモンが分泌されて、腸内細胞の修復や再生が行われますが、そうした細胞の回復も制限されてしまいます。これにより腸内で食べ物の消化や吸収が上手く行かなくなると、消化しきれない食べカスが腸内の悪玉菌が腐敗発酵させて、腸内環境を悪化させる原因にもなりますし、悪玉菌が増殖する原因ともなります。睡眠時間は健康のためにも腸内環境のためにもしっかりとりたいところですね。
8.は運動習慣が腸内環境に大きく関わっています。ウォーキングなどの運動習慣が腸内フローラも改善し、免疫機能やさまざまな神経機能の発達にも良い効果があると考えられています。また、運動不足は腸の蠕動運動の機能を不活発にして便秘の原因になることもあります。運動が苦手な方でも比較的気軽に行える軽めのウォーキング習慣をおすすめします。
9.は食事の時間を一定のリズムで摂ることは腸への負担を抑えることができるため理想的です。食事時間が不規則な場合、消化吸収がうまく行われず腸内フローラが乱れがちになってしまいます。また、空腹時間が長いと飢餓状態とからだが判断して脂肪をからだに溜めやすくなるということにもなります。仕事や育児などで食事の時間が不規則になりがちな場合は可能な限り1食でも時間を決めて摂るといいかもしれませんね。
10.はお肉は良質なたんぱく質を取るためには大変効果的な食品であると同時に、お肉は悪玉菌も大好きな栄養素なのです。肉好きの人のウンチは臭いがきついといわれていますがこの臭いのもとは悪玉菌が腐敗発酵をすすめているのが原因の一つだと言われています。大好きなものを長く食べ続けるためにも健康であればこそですよね。ちょっとお肉をひかえて野菜や乳酸菌をとるよう心がけてみる必要があるかもしれません。